コンセプト|佐伯区で歯医者をお探しの方は『さいとう歯科』までお気軽にご相談ください。コンセプト|佐伯区で歯医者をお探しの方は『さいとう歯科』までお気軽にご相談ください。

  • 0120891100

    広島県広島市佐伯区三筋2丁目7-2

  • 診療時間 9:00~13:00 / 14:30~19:00
    休診日 木曜・日曜・祝日
    • ※土曜日は14:00~17:00まで
    • ※祝日がある週の木曜は診療

コンセプト

さいとう歯科について

さいとう歯科は、心のこもった歯科医療を
ベストな医療技術で提供します

当院では、複数の歯科医師がそれぞれの専門性、特性を活かした治療を提供しています。
むし歯や歯周病の予防・かみ合わせは当院の得意分野です。特に入れ歯の治療は得意分野です。
歯科衛生士・歯科助手・受付などの専門スタッフとともに、常にベストな医療技術を提供します。

患者さんとのお約束

あかるく

当院では、患者さんが気軽に通っていただけるようスタッフ全員が明るく元気でわかりやすさを心がけています。
患者さん一人ひとりにお渡しする『お口のカルテ』は、患者さんご自身のいまのお口の状態をわかりやすく記しており「健康で快適な生活、心豊かで美しいライフスタイル」を過ごす羅針盤として利用しています。

ともに

当院では、患者さんのお口から全身の健康を願っています。そのためには、患者さんの頑張りとご協力が不可欠です。
歯の病気は、そのほとんどが自然治癒しません。しかし、近年では歯科医院のサポート(プロケア)と日頃の歯磨き(セルフケア)により歯の予防技術が格段に進歩しています。
「お口の健康は、歯科医院と一緒に守る」それが当院の願いです。
また当院では、予約診療を実施しております。患者さん一人ひとりに治療に必要な時間をお取りし、お待ちしております。もし、予約時間に来院が難しい場合には、できるだけ早くのご連絡にご協力ください。

安心安全の治療を提供するために

当院は、厚生労働省が定めた歯科外来診療環境体制「外来環」の施設基準を満たした歯科医院です。これは、歯科診療時の偶発症など、緊急事態が起こった際に迅速な対応が行えるように環境を整えており、また感染症予防としての設備や滅菌対策をしている歯科医院のみが認定されます。

歯科外来診療環境体制の施設基準

  • 所定の研修を修了した常勤歯科医師が1名以上配置
  • 歯科衛生士が1名以上配置(非常勤であっても可)
  • 緊急時の初期対応可能な医療機器の設置
  • 別の保険医療機関との事前の連携体制確保
  • 医療機器等の洗浄・滅菌処理の徹底
  • 感染症予防対策の徹底
  • 歯科ユニットごとに歯科用吸引装置等を設置
  • 歯科診療にかかわる医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示を行っていること

歯科外来診療環境体制の医療設備

  • AED(自動体外式除細動器)

  • オートクレーブ

  • 経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)、血圧計

  • 酸素ボンベ

  • 救急薬品セット(エピペン、静脈路確保用品など)

  • 口腔外バキューム

感染防止対策について

歯科医療は感染の問題がよく話題になります。
当院ではオートクレーブをはじめ、超音波洗浄機や院内感染予防製剤などを取り入れ、治療器具の消毒・滅菌には十分留意しています。
外科用の器具だけに限らず、すべての治療器具は使用毎に滅菌しています。

加熱滅菌について

滅菌とはあらゆる細菌やウィルスを殺すことです。当院の滅菌は「オートクレーブ」という高圧蒸気滅菌器で行います。
2気圧、135℃の蒸気による滅菌器具です。

滅菌後の保管について

ブラッシング指導や、フッ素塗布に使用する歯ブラシや歯間ブラシは、超音波洗浄機にて洗浄後、薬液消毒し、滅菌バッグにて保存しています。一旦使用した器具はパックして滅菌されます。そして、滅菌後は清潔に保管され、治療を開始する直前に滅菌パックをあけて治療に使用します。

加熱滅菌できない器具の消毒

一般細菌はもちろん、肝炎ウィルスにも有効な塩素系、院内感染制御商品「サンセプト」を使用し、B型肝炎ウィルス、C型肝炎ウィルス、エイズ、結核、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)などに対応し、万全を期しています。

使い捨ての診療器具を使用し、より衛生的に

注射針、麻酔液のカートリッジ、外科用メス等はディスポーザブル(使い捨て)器具を使い、使用毎に使い捨てています。
紙コップ・紙トレー・紙エプロンなどは使い捨てのものを使用しております。

滅菌設備については
こちら

ページトップへ戻る